113
Photo by 米雇用統計2020.6 ブルムバーグから。

PBS news 英語News

米雇用統計増加 経済回復は始まったのか? PBS NEWS 2020/6/7

米雇用統計増加

目次

前置

エコノミストの予想は大きくはずれ、雇用統計は上昇に転じている結果となりました。こういう異常事態の時にこそ、予測をあててこそ専門家なのでは?と思います。ほんとエコノミストはあてになりません。聞く価値がある専門家はごくわずかでしょう。

ブルムバーグの記事です。

米雇用統計、予想外に失業率低下-雇用者数は増加に転じる Katia Dmitrieva 2020年6月5日 21:45 JST 更新日時 2020年6月6日 2:52 JST

米国の労働市場は5月に改善した。失業率は市場の上昇予想に反して低下し、雇用者数も予想外に増加した。新型コロナウイルス感染拡大が引き起こした景気低迷から、想定より早く景気が回復しつつあることが示唆された。

キーポイント
・5月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比250万人増
・ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は750万人減だった
・前月は2070万人減(速報値2050万人減)に下方修正-1939年の統計開始後で最大の減少
・家計調査に基づく失業率は13.3%に低下 ・市場予想は19%への上昇
前月は14.7%


  ブルームバーグがまとめた調査では、非農業部門雇用者数の増加、失業率の低下を見込んでいたエコノミストはいなかった。

  トランプ大統領は統計発表を受けて記者会見を開き、「傑出した」数字だと称賛。11月の大統領選に臨む前に、データは一段と改善するとの見通しを示した。

  新型コロナ感染拡大に伴う制限措置を各州が緩和し、企業が従業員を呼び戻す中、米経済が最悪期から立ち直りつつあることを今回の統計は示唆している。ただ、流行の第2波に見舞われ、労働市場が今後一段と揺らぐ可能性は残っている。

  アクション・エコノミクスのチーフエコノミスト、マイケル・イングランド氏は「米労働市場は明らかに4月下旬、5月初旬に危機的状況を脱した。労働市場の活動が持ち直している」と指摘。6月の経済・労働市場データはさらに改善すると予想し、自身の4-6月(第2四半期)国内総生産(GDP)予想を引き上げる考えを示した。

人種別の失業率
  5月の雇用統計は全般的には改善したものの、主要データの一つが悪化した。失業率が白人とヒスパニック系で低下した一方、アフリカ系米国人では16.8%とわずかに悪化し、1984年以来の高水準となった。

  また労働省はデータが正確に報告されていれば、5月の失業率は発表数値より「3ポイントほど高かったであろう」と発表資料に記した。他の理由で仕事を休んでいるが雇用は続いていると記録された一部の労働者が、一時解雇による失業者に分類されていない点を指摘している。

  「U6」と呼ばれる不完全雇用率は21.2%に小幅低下した。前月は22.8%。U6にはフルタイムでの雇用を望みながらもパートタイムの職に就いている労働者や、仕事に就きたいと考えているものの積極的に職探しをしていない人が含まれる。労働参加率は60.8%に上昇。前月は60.2%だった。

  5月は幅広い業種で雇用が持ち直した。大きな打撃を被ったレストランのほか、小売りやヘルスケアも改善。一方、州や自治体の政府職員は2カ月連続で雇用が減少した。

  求人情報サイト、インディードの経済調査ディレクター、ニック・バンカー氏は「大半の予想より早く回復が始まったが、単月のデータで過度に喜んではいけない」とコメント。「新型コロナで最も深い打撃を受けたセクターで、最も大きく雇用が回復している」と分析した。


  製造業の雇用は22万5000人増加。4月は132万人減っていた。

  5月の平均時給は前年同月比6.7%増。前月は8%増だった。平均時給は低賃金労働者の大量失業を反映して4月に大幅に増加したが、こうした労働者の職場復帰でその影響が若干薄れた。

 

本題

元記事はこちら。

雇用数は経済回復が始まったことを示しているのでしょうか? 2020年6月5日午後6時45分EDT

関連内部リンクはこちら。

マティス前国防長官 告白 トランプ大統領を批判 共和党員の意見 PBS NEWS 2020/6/5

米 テロ 発生州 は民主党寄り 米軍投入も近い 2020/6/3

テロ組織 ANTIFA 黒人殺害への抗議活動 全米拡大 PBSNEWS 2020/6/1

Lisa Desjardins:

This is something critical for many of these — millions of these small businesses, John, who have been waiting for weeks, worried they were not going to be able to use this money.

リサデジャルダン:

これは重要なことです、これらの多くにとって。—数百万もの小規模ビジネスにとってです。ジョン、数週間待っていた人々は、心配していました。このお金が使えなくなるのではないかと。

This, of course, is the program that is meant to help businesses with 500 or fewer workers.

もちろん、これは支援するためのプログラムです。500人以下の従業員を抱える企業を。

The idea is, this program essentially floats most of the fixed costs for those businesses for two months.

このアイデアは、このプログラムは基本的に変動させるというものです。これらの企業の固定費のほとんどを、2か月の間。

That’s how much money the federal government is giving.

それは連邦政府がどれだけのお金を与えているか、です。

 

However, those businesses were only given an eight-week window to use that money. So, let’s — that was a problem for a lot of them.

しかし、これらの企業には、8週間の期間しか与えられませんでした、その資金を使用するための。それでは、しましょう—多くの人にとってそれは問題でした。

So, let’s look at a graphic about what has changed, what the president signed today.

では、図を見てみましょう。何が変わったのかについての図を、大統領が今日署名したことについての。

First of all, the president’s — the bill from the Congress and the president said, the — these funds can be spent over 24 weeks.

まず、大統領、議会と大統領からのその法案は述べました、これらの資金は24週間以上使うことができると。

It was eight weeks, so that’s a huge extension.

それは8週間だったので、それは大きな延長です。

 

Now, 60 percent of that money must go to salaries.

今、そのお金の60%は、給与に行く必要があります。

That’s a lower figure than, previously, it was — it was 75 percent.

これは、以前よりも低い数値で、それは、それは75%でした。

Some of these businesses said, we don’t spend 75 percent on our salaries.  Sixty percent is too much.

これらの事業の一部は、私たちは費やさないと、給与に75%を、と述べています。 60%は多すぎます。

So, essentially, John, what’s happened here is, businesses aren’t getting more money, but they’re getting a lot more flexibility.

よって、基本的には、ジョン、ここで何が起こっているかというと、企業はより多くのお金を得ていません。しかし、彼らはより多くの柔軟性を得ています。

There are some technical problems with the way this bill was written, however.

ただし、いくつかの技術的な問題があります。この法案の作成方法には。

We’re working — we’re seeing what changes may come when this is actually administered.

私たちは働いている、(私たちは)わかります。どのような変化が起こるかが、これを実際に管理すると。

 

米雇用統計増加

CATEGORIES & TAGS

PBS news, 英語News, ,

クジラ

Author:

本サイトは、英語ニュース初心者の方向けです。 英語ニュースは0知識だと理解に苦しむかと思います。 そこで理解へのハードルを下げるために、事前情報や解説を加えてお伝えするよう尽力致します。 初心者の方の力になれれば幸いです。